原因の絞り込み方

トイレのつまりは原因によってその後の対処方法が変わります。トイレ内部で起こるつまりの原因を、分解せずに確実に特定することは難しいですが、原因を絞り込んで予想することは可能です。

ラバーカップつまっても水が少しずつひいて便器内の水位が下がる場合、トイレットペーパーや汚物がつまりの原因として考えられます。つまった個所に隙間があるので少しずつ流れているのです。ラバーカップの使用の以外に、便器内の水を取り除いて50度前後のお湯を流す方法があります。トイレットペーパーや汚物はふやかすと流れやすくなります。固形物にはお湯は向かず、奥に押し込み悪化させることがあるので原因が固形物でないと分かった場合のみ使用しましょう。

水が逆流する場合はつまりの隙間が少ない状態です。水位が下がるときより大量のトイレットペーパーや汚物、流せる掃除シートなどが原因として考えられます。自分で試せる方法はお湯やラバーカップ、ワイヤーの使用などがあります。

完全に水が流れず便器から溢れる場合、大量のトイレットペーパーや汚物が固まって蓄積したり、固形物が排水管を完全に塞いでいたりするなどの原因が考えられます。自分で試せる方法はラバーカップやワイヤーなどです。

軽いつまりを放置して悪化させる場合もあるので、トイレがつまったら早めの対処が肝心です。原因の絞り込みが難しいなど、自分で対応が困難な場合は無理をせずに業者に依頼しましょう。

【参考サイト】トイレつまり

異物によるつまり

異物というと水に溶けない物を想像する人も多いでしょう。しかし、トイレットペーパーなど水に溶ける物がつまる場合もあります。トイレのつまりの原因となる異物はどのような種類があるのでしょう。

トイレットペーパートイレに流していいのは、主にトイレットペーパーと汚物です。水に溶けやすい性質をもつトイレットペーパーは、密度が高くなると溶けにくくなる性質ももっています。一度に大量のトイレットペーパーを流したり、丸めて流したりするとつまりの原因になるので注意しましょう。また、ティッシュペーパーは水に溶ける性質を持たないので流すとつまりの原因になります

水に流せる特徴をもつ商品も、流すときに注意が必要です。水に流せる掃除用シートなどは水に溶けますが、トイレットペーパーよりは溶けにくいので一度に大量に流さないようにしましょう。

紙おむつやペット用トイレシートは水を吸収して、膨らんだり固まりやすかったりする性質を持ちます。トイレの水によって更に膨らんで取り除きにくくなって、つまりの原因になります。水に流せるタイプの猫砂物は、大量に流すと水を吸ってつまりの原因になるので数回に分けて流しましょう。

携帯電話やおもちゃなどの固形物を流すと、トイレットペーパーが引っ掛かってつまりの原因になります。大きさに関係なく溶けない異物は流さず、溶けるトイレットペーパーなども一度に大量に流し過ぎないようにしましょう。

水流とつまり易い個所

ペットボトルトイレの給水タンクにペットボトルを入れたり、大を小で流したりと、トイレの水量を制限している人もいるでしょう。節水は大切ですが、水が適切な量で流れているかどうかは、トイレのつまりの原因に関係しています。

トイレは匂い防止のために便器内に常に水が溜まっていて、水を流すたびに古い水が排水されて新しい水が溜まるしくみです。そのため、汚物や水が流れるトイレ内部はS字のような複雑な構造をしていて、流れにくい形になっています。溶けない異物を流したり、トイレットペーパーを大量に流し過ぎてしまったりすると、S字の曲がった部分に引っ掛かってつまりの原因になります。

水が正常な量や勢いで流れない事もつまりの原因になります。本来、トイレに流れる水の量は、トイレ内部に汚物やトイレットペーパーの残留物が残らず流しきれる量に設定されています。そのため、大を小で流すなど水量を制限してしまうとトイレ内部の曲がった部分にトイレットペーパーなどが溶けずに残ってしまい、新たに流れてきた物がそこに更に溜まってつまりの原因になります。残留物は水の勢いも弱めて、汚物などを流れにくくしてしまいます。

既に節水タンクや節水機能がついているトイレもあります。トイレの構造を理解して適切な水量で利用しながら、トイレのつまりを予防しましょう。

トイレのつまりの原因

突然おきるトイレのつまりに対して、慌てて何をしていいか分からなくなる人も多いでしょう。トイレがつまったときに間違った対処法で悪化させないためには、トイレのつまりの原因を知ることが大切です。原因を知ることはトイレのつまりの予防にも役立ちます

トイレ内部はS字状で、曲がり部分にトイレットペーパーや汚物が引っ掛かりやすいです。そのため一度に大量のトイレットペーパーや溶けない異物を流したり、節水しすぎたりすると曲がり部分に残留物が蓄積してつまりの原因になります。

猫の砂トイレに流していいトイレットペーパーは密度が高まると溶けづらいので、丸めたり一気に大量に流したりするとつまりの原因になります。水に流せる掃除用シートや猫砂も大量に流すとつまりの原因になります。紙おむつなど水を吸収して膨張や凝固する物はトイレの水でさらに膨張してつまりの原因になり、おもちゃなどの固形物にはトイレットペーパーが引っ掛かりつまりの原因になります。

対処方法は原因ごとに違います。つまっても便器内の水がひくときや逆流するときのつまりの原因は、大量のトイレットペーパーや流せる掃除シート、汚物が考えられます。水が完全に流れないときの原因は、汚物や大量のトイレットペーパーが蓄積したり、排水管を固形物が塞いでいたりすることなどが考えられます。自分で試せる方法にお湯やラバーカップなどがあり、固形物に対してお湯を使うと悪化の可能性があります。

流して良い物のみを適切な量と水量によって流すことで、つまりの原因を最小限に抑えられます。このサイトではトイレのつまりの原因になる異物や水流とつまり易い個所の関係、原因の絞り込み方について説明します。