トイレのつまりの原因

突然おきるトイレのつまりに対して、慌てて何をしていいか分からなくなる人も多いでしょう。トイレがつまったときに間違った対処法で悪化させないためには、トイレのつまりの原因を知ることが大切です。原因を知ることはトイレのつまりの予防にも役立ちます

トイレ内部はS字状で、曲がり部分にトイレットペーパーや汚物が引っ掛かりやすいです。そのため一度に大量のトイレットペーパーや溶けない異物を流したり、節水しすぎたりすると曲がり部分に残留物が蓄積してつまりの原因になります。

猫の砂トイレに流していいトイレットペーパーは密度が高まると溶けづらいので、丸めたり一気に大量に流したりするとつまりの原因になります。水に流せる掃除用シートや猫砂も大量に流すとつまりの原因になります。紙おむつなど水を吸収して膨張や凝固する物はトイレの水でさらに膨張してつまりの原因になり、おもちゃなどの固形物にはトイレットペーパーが引っ掛かりつまりの原因になります。

対処方法は原因ごとに違います。つまっても便器内の水がひくときや逆流するときのつまりの原因は、大量のトイレットペーパーや流せる掃除シート、汚物が考えられます。水が完全に流れないときの原因は、汚物や大量のトイレットペーパーが蓄積したり、排水管を固形物が塞いでいたりすることなどが考えられます。自分で試せる方法にお湯やラバーカップなどがあり、固形物に対してお湯を使うと悪化の可能性があります。

流して良い物のみを適切な量と水量によって流すことで、つまりの原因を最小限に抑えられます。このサイトではトイレのつまりの原因になる異物や水流とつまり易い個所の関係、原因の絞り込み方について説明します。