水流とつまり易い個所

ペットボトルトイレの給水タンクにペットボトルを入れたり、大を小で流したりと、トイレの水量を制限している人もいるでしょう。節水は大切ですが、水が適切な量で流れているかどうかは、トイレのつまりの原因に関係しています。

トイレは匂い防止のために便器内に常に水が溜まっていて、水を流すたびに古い水が排水されて新しい水が溜まるしくみです。そのため、汚物や水が流れるトイレ内部はS字のような複雑な構造をしていて、流れにくい形になっています。溶けない異物を流したり、トイレットペーパーを大量に流し過ぎてしまったりすると、S字の曲がった部分に引っ掛かってつまりの原因になります。

水が正常な量や勢いで流れない事もつまりの原因になります。本来、トイレに流れる水の量は、トイレ内部に汚物やトイレットペーパーの残留物が残らず流しきれる量に設定されています。そのため、大を小で流すなど水量を制限してしまうとトイレ内部の曲がった部分にトイレットペーパーなどが溶けずに残ってしまい、新たに流れてきた物がそこに更に溜まってつまりの原因になります。残留物は水の勢いも弱めて、汚物などを流れにくくしてしまいます。

既に節水タンクや節水機能がついているトイレもあります。トイレの構造を理解して適切な水量で利用しながら、トイレのつまりを予防しましょう。