原因の絞り込み方

トイレのつまりは原因によってその後の対処方法が変わります。トイレ内部で起こるつまりの原因を、分解せずに確実に特定することは難しいですが、原因を絞り込んで予想することは可能です。

ラバーカップつまっても水が少しずつひいて便器内の水位が下がる場合、トイレットペーパーや汚物がつまりの原因として考えられます。つまった個所に隙間があるので少しずつ流れているのです。ラバーカップの使用の以外に、便器内の水を取り除いて50度前後のお湯を流す方法があります。トイレットペーパーや汚物はふやかすと流れやすくなります。固形物にはお湯は向かず、奥に押し込み悪化させることがあるので原因が固形物でないと分かった場合のみ使用しましょう。

水が逆流する場合はつまりの隙間が少ない状態です。水位が下がるときより大量のトイレットペーパーや汚物、流せる掃除シートなどが原因として考えられます。自分で試せる方法はお湯やラバーカップ、ワイヤーの使用などがあります。

完全に水が流れず便器から溢れる場合、大量のトイレットペーパーや汚物が固まって蓄積したり、固形物が排水管を完全に塞いでいたりするなどの原因が考えられます。自分で試せる方法はラバーカップやワイヤーなどです。

軽いつまりを放置して悪化させる場合もあるので、トイレがつまったら早めの対処が肝心です。原因の絞り込みが難しいなど、自分で対応が困難な場合は無理をせずに業者に依頼しましょう。

【参考サイト】トイレつまり